コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翁猿楽 おきなさるがく

世界大百科事典 第2版の解説

おきなさるがく【翁猿楽】

古くは〈式三番〉ともいわれ,現在は単に〈〉という。劇形態の能が生まれる前から猿楽が演じていた祝禱の舞を中心とするで,猿楽本来の芸と考えられている。南都薪(たきぎ)猿楽の冒頭に春日大宮社頭で演じられる翁猿楽を〈呪師走り〉と呼んでいることが示唆するように,この芸は往昔の呪師の走り芸の系統をひき,その源は平安末期に始まると推定される。翁猿楽に戯曲的な筋はほとんどなく,全体が一種の儀式とみられるが,鎌倉末期まではこれが猿楽の芸の主体をなすものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の翁猿楽の言及

【翁】より


[発生]
 芸能本来の目的の一つに人の延命を願うことがあるが,その表現として老翁・老媼を登場させることが古くからあったらしく,平安時代の田植行事などにみられる。しかし翁面をつけた者が舞や語りを演じる芸能は,猿楽の中に最も早くみられ,〈翁猿楽〉とか〈式三番〉と称せられた。翁猿楽の成立は,1126年(大治1)の著と伝える《法華五部九巻書》序品第一に父叟(ちちのじよう)は仏を,翁は文殊を,三番は弥勒をかたどるということなど仏教的解説があり,平安時代後期には成立していたともされるが,この書の著作年次には疑問が多い。…

【能】より

…また,老翁の姿の神が訪れて祝福を与えるという芸能は,各地方に古くから存在したと考えられるが,その老翁を猿楽者が勤める慣例ができた。これが翁猿楽(おきなさるがく)で,父尉(ちちのじよう),翁,三番叟(さんばそう)の三老翁が順演する《式三番(しきさんばん)》として様式が定着した。ただし南北朝時代から以降は,特殊な神事能のほか父尉を省くようになった。…

※「翁猿楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

翁猿楽の関連キーワード風流(ふりゅう)雪祭[新野]鳳来寺田楽観阿弥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android