式三番(読み)しきさんば

デジタル大辞泉の解説

しき‐さんば【式三番】

《「しきさんばん」とも》
猿楽に古くから伝わる儀式的な曲。初めは父尉(ちちのじょう)(おきな)・三番猿楽(のちの三番叟(さんばそう))、室町時代以降は千歳(せんざい)・翁・三番叟の三人による祝福舞。現在のの「」。
江戸歌舞伎の儀式舞踊。能の「翁」をまねたもので、顔見世の初日から3日間、正月興行の仕初(しぞめ)、劇場のこけら落としなどに行われた。翁渡(おきなわたし)。
歌舞伎舞踊。能の「翁」を儀式・祝言用の舞踊としたもの。長唄翁千歳三番叟」、常磐津祝言式三番叟」、義太夫寿式三番叟」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しきさんばん【式三番】

能楽の演目能役者狂言役者が演ずるが,能でも狂言でもない別の種目で,構成・詩章・謡(うたい)・囃子・舞・面・装束など,すべての点で能・狂言とは異なる古風な様式をもつ。式三番という名称は,〈例式の三番の演目〉の意味で,《父尉(ちちのじよう)》《》《三番猿楽(さんばさるがく)》の3演目を指す。いずれも老体の神が祝言・祝舞(しゆうぶ)を行うもので,3者の間に直接の関係はないが,能や狂言と違ってこの中から演目を選ぶというのではなく,三番一組にして演ずるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきさんば【式三番】

能の「翁おきな」の古称。しきさんばん。
能の「翁」を歌舞伎舞踊化したもの。長唄「翁千歳三番叟おきなせんざいさんばそう」、義太夫「寿式三番叟」など。 → 三番叟

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

式三番
しきさんば

儀式舞の名称。世阿弥(ぜあみ)の『風姿花伝(ふうしかでん)』に、祭式のとき、猿楽66番を演ずるのは長すぎるので、それを3番にしたのが式三番で、それは父尉(ちちのじょう)、翁(おきな)、三番叟(さんばそう)のことだと書かれている。近世になると祝言、儀礼として舞う狂言の『三番叟』のことを式三番というようになった。また、長唄(ながうた)では『翁・千歳(せんざい)・三番叟』のことをいい、常磐津(ときわず)に『祝言式三番叟』がある。民俗芸能では神楽(かぐら)などのときに、神楽の曲目が始まるに先だって、儀礼として舞う舞を式三番といっている。三河(愛知県)の花祭や田楽では太鼓を打ち始めるにあたって、太鼓の桴(ばち)を清める舞を舞い、続いて神楽を舞うがその神楽を式三番といい、舞を三折りに舞うので式三番というのだと解釈している。宮崎県東臼杵(ひがしうすき)郡椎葉(しいば)村不土野(ふどの)の神楽では、祭場をしつらえ、イノシシの肉を切るまねをし、修祓(しゅうばつ)、降神(こうしん)、祝詞奏上(のりとそうじょう)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)の祭儀を行い、次に舞場の中央に太鼓を据えて太鼓の由来を語り、続いて一神楽(いちかぐら)、地固(じがため)、面殿(めんどの)めしあげ、紋の神楽、テントコ、白羽弓通し、しょうごん殿、四人大神、ちんち神楽、みくまなどの儀式舞を行うが、この10曲を式三番といい、かならずしも曲数が3番とは定まっていない。椎葉神楽では式三番を神事舞(じんじまい)ともいっており、神聖視され、この間は囃子(はやし)を入れず、せり歌も出してはいけなかった。式三番が一種の儀礼の舞であったことが知られる。[後藤 淑]
『後藤淑著『式三番考』(『続能楽の起源』所収・1981・木耳社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐さんば【式三番】

[1] 〘名〙
※俳諧・犬子集(1633)一七「白き物こそ黒くなりけれ それぞれの面は翁や式三番〈貞徳〉」
② 歌舞伎所作事。式三番叟(そう)。しきさんばん。
(イ) 能の「翁(おきな)」を取り入れたもののうち儀式・祝言用の曲。
(ロ) 顔見世および正月興行に演ずるもの。翁渡(おきなわたし)
※歌舞妓事始(1762)二「顔見世初日未明にして、式三番(シキサンバ)をことぶき、太夫子どもこれを勤るは」
[2]
[一] 常磐津。岸沢右和佐作曲。本名題「祝言式三番叟」。文化一二年(一八一五)江戸中村座初演。謡曲「翁」を基にして、立川焉馬(えんば)が翁の舞の一部と三番叟の部分を加筆したもの。
[二] 義太夫節。本名題「寿式三番叟」。元祿(一六八八‐一七〇四)頃から行なわれていたのを、明治中期に二世豊沢団平が改曲し、昭和期になって歌舞伎に移されたもの。二人三番(ににんさんば)

しき‐さんばん【式三番】

〘名〙
① 能楽で、祝言に演じる儀式的な三つの曲。古くは、「父尉(ちちのじょう)」「翁」「三番猿楽(後の三番叟(さんばそう))」の三老翁の祝福舞の総称。室町時代以後は、「父尉」がはぶかれ、代わりに「千歳(せんざい)」を入れて「翁」「三番叟」の三曲をいう。現在では、これを「翁」と題している。しきさんば。
※風姿花伝(1400‐02頃)四「その中を選びて、稲経(いなつみ)の翁 翁面、代経(よなつみ)の翁 三番申楽、父助(ちちのぜう)、これ三(みつ)を定む。今の代のしき三番(さんばん)是也」
※浮世草子・男色大鑑(1687)七「其後式三番(シキさんバン)すぎて狂言はじまるとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

式三番
(通称)
しきさんば

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
式三番叟 など
初演
寛文7.4(江戸・坂東又九郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の式三番の言及

【延命冠者】より

…《式三番》における役の名,またその役専用の面の名。《式三番》は古い猿楽の伝統を伝える演目で,翁(おきな)・三番叟(さんばそう)・父尉(ちちのじよう)の三老翁による祝福の歌舞三番をさすが,その父尉に従って登場する若者がこの延命冠者である。…

【三番叟物】より

…歌舞伎舞踊の一系統。江戸歌舞伎では,顔見世興行の初日から3日間の早朝および正月元日の午前中,また柿(こけら)落しに,能楽の《式三番》を移した儀式舞踊を演じた。この行事を〈翁渡し〉といった。…

【父尉】より

…《式三番(しきさんばん)》における役の名。またその役専用の面の名。…

【能】より

…また,老翁の姿の神が訪れて祝福を与えるという芸能は,各地方に古くから存在したと考えられるが,その老翁を猿楽者が勤める慣例ができた。これが翁猿楽(おきなさるがく)で,父尉(ちちのじよう),翁,三番叟(さんばそう)の三老翁が順演する《式三番(しきさんばん)》として様式が定着した。ただし南北朝時代から以降は,特殊な神事能のほか父尉を省くようになった。…

※「式三番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android