コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう【習】[漢字項目]

[音]シュウ(シフ)(漢) ジュウ(ジフ)(呉) [訓]ならう ならわし
学習漢字]3年
繰り返して行って身につける。ならう。なれる。「習作習字習熟習得演習温習学習既習講習自習実習復習練習
繰り返し行ってきた事柄。ならわし。「習慣習性悪習因習慣習奇習常習俗習風習
[名のり]しげ
[難読]近習(きんじゅ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ならい【習】

能楽用語。特別に伝授を受けなければ上演を許されない事項を指す。演目自体が習である場合と,演目中の一部の演技・演出が習である場合とがある。前者を〈習物(ならいもの)〉,後者を〈習事(ならいごと)〉と呼んで区別することもできるが,現実には,習事を含む演目が習物であるから,両者は混用される。なにをもって習とするかは,シテ方・ワキ方狂言方・囃子方の各役,および各流派,能・素謡・仕舞などの演奏形式によって違う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【小書】より

…その場合,そのうちの一つを基本の奏演法とし,他を変形の奏演法(〈替エ(替)〉と総称する)と規定していることが多い。そうした替エの奏演法のうち,伝授を受けなければ奏演を許されない事項(これを〈習イ〉と総称する)が小書の主体となる。こうした特殊な奏演法には,《安宅》の弁慶が勧進帳を独唱することを示す〈勧進帳〉のようにその内容を示す特別な名称が付いており,その名称を番組に小さく付記することから〈小書〉と呼ばれるようになった。…

【音取】より

…再び能管の音とともにシテは動くともなく舞台に近づいてくる。その繰返しは独特の効果をあげるのであり,恋ノ音取は,笛方のもっとも重い習(ならい)になっている。 歌舞伎囃子にも能管に同名の旋律がある。…

【許物】より

…芸能や武道における相伝認可の種目をいう。相伝の種目は秘事,秘曲などの性格をもち,師匠の許しを得なければ習得できない。これらの秘事や秘曲を許物,あるいは許しと呼ぶが,茶道では伝授物(相伝物),平曲では秘事,能・狂言では習物()などという。…

※「習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

習の関連キーワード道明寺(菅原伝授手習鑑)寺子屋(菅原伝授手習鑑)愛知県立時習館高等学校水も溜まらずキム・シスプシーチンピン打ち付け心御頼・御憑鰓が過ぎる必修科目有らぬ世廃忘怪顛二山伯養雁字搦み選択科目戦慄き声永田祐助賀の祝一つ橋袖土産

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習の関連情報