翠鳥園遺跡(読み)すいちょうえんいせき

百科事典マイペディアの解説

翠鳥園遺跡【すいちょうえんいせき】

大阪府羽曳野市の旧石器時代遺跡。約2万年前の石器製作址がそのまま埋没した状態で発見された。二上山産出のサヌカイトの原石が持ち込まれ,ナイフ形石器などの石器が作られる過程が詳細に復元されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android