老人性痴呆(読み)ろうじんせいちほう(英語表記)senile dementia

  • ろうじんせいちほう ラウジン‥
  • ろうじんせいちほう〔ラウジンセイチハウ〕
  • 老人性痴×呆
  • 老人性痴呆 senile dementia

翻訳|senile dementia

世界大百科事典 第2版の解説

65歳以上に発症する脳萎縮に基づく痴呆主徴とする老年精神病をいい,医学的には老年痴呆という。65歳未満に発症する初老期痴呆の一つであるアルツハイマー病と病理学的には差がない。最近は,したがってアルツハイマー型老年痴呆senile dementia of the Alzheimer typeと呼ばれる。症状の中心は痴呆であるが,初発の症状としては,(1)記銘力障害(最近の出来事を覚えられない),(2)失見当識(時間や場所の見当がつかない)の二つに加え,(3)判断や計算などが極端に悪くなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 老年期になって脳が変性・萎縮するために、精神病のような症状を呈する状態。判断・理解・記憶・計算などの知的機能の低下や性格の変化がみられ、普通の日常生活や社会関係が保てなくなる。脳の病変はアルツハイマー病と同質。老年性痴呆。老人性痴呆症。
※くさびら譚(1968)〈加賀乙彦〉三「記銘力障碍の原因は老人性痴呆、つまり耄碌か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の老人性痴呆の言及

【老化】より

…しかし知的能力については,知的活動をどれだけ続けているかによって,個人差が大きい。脳の萎縮が進行し,変性を生じると起こるのが老年痴呆(ちほう)(老人性痴呆)である。このほか,脳血管障害による精神疾患をはじめ,老人の精神疾患の有病率は高い。…

※「老人性痴呆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android