コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耄碌 モウロク

デジタル大辞泉の解説

もう‐ろく【××碌】

[名](スル)
年をとって頭脳や身体のはたらきがおとろえること。老いぼれること。「近頃耄碌して人の名前が出てこない」
(「亡六」とも書く)上方(かみがた)で、武家奉公の下男。折助(おりすけ)。渡り中間。
「上方にて―といふは、江戸にていふ折助といふことなり」〈滑・膝栗毛・七〉
上方で、けんか、ゆすりなどをする者。
「江戸で伝法、上方で―などといふあばずれがあれど」〈滑・浮世風呂・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうろく【耄碌】

( 名 ) スル
年をとって心身のはたらきが鈍くなること。おいぼれること。 「おやじもだいぶ-してきた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耄碌の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙惚れる・恍れる・耄れる嘉慶帝老耄上方