コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕織図 こうしょくず

2件 の用語解説(耕織図の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

耕織図【こうしょくず】

水稲耕作と蚕織作業を描いたもの。中国,南宋の楼【ちゅう】(ろうちゅう)が高宗に献じたのが最初で,為政者が農民の労苦を知るという勧戒,および観農の意味をもつ。清の康煕(こうき)帝が焦秉貞(しょうへいてい)に描かせた《佩文斎(はいぶんさい)耕織図》が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょくず【耕織図 Gēng zhī tú】

稲作と養蚕の過程を精密に描いた中国画。南宋の楼璹(ろうとう)(1090‐1162)は浙江省於潜(おせん)県の知事のとき,農事に関心を寄せ,浸種にはじめ田植,草取りから刈入れ,精米にいたる21景の耕図と,浴蚕から一連の養蚕をへて絹布織成までの24景の織図を作り,各図に五言古詩を添えて高宗に献じた。この図は宋の劉松年や梁楷,元の程棨(ていけい)らの名に託して何種類も流布した。日本にも室町時代に伝わり,狩野之信(ゆきのぶ)はじめ障壁画の題材とされ,1676年(延宝4)狩野永納の模刻本もできた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の耕織図の言及

【焦秉貞】より

…イエズス会の宣教師が長として任用された欽天監(きんてんかん)(天文,暦法,時計の3科をつかさどる)に勤めた縁で,西洋画法を学び,画家として活躍した。康熙帝の御製詩に付して透視遠近法を用いて描いた《耕織図》46幅は帝の意にかない,1696年(康熙35),1712年の2度にわたって内府で版刻され,広く民間にも流布した。【古原 宏伸】。…

※「耕織図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone