コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ゲオルギウス教会 セイゲオルギウスキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいゲオルギウス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ゲオルギウス教会】

St. George's church
ヨルダン西部の都市マダバにあるギリシャ正教会の教会。東ローマ帝国時代に建造。床面には、エルサレム市街やヨルダン川が注ぐ死海などが描かれた、モザイクによるパレスチナ地図があることで有名。6世紀の作といわれる。
エジプトの首都カイロの旧市街、オールドカイロにあるギリシャ正教会の教会。4世紀頃にあった要塞の跡地に建造。丸いドームがあるバシリカ式の建築様式をもつ。マリギルギス聖ジョージ教会
エチオピア北部の町ラリベラにある岩窟教会。市街を流れるヨルダン川の北側にあり、聖救世主教会をはじめとする他の教会群とは離れて位置する。一枚岩を刳(く)り貫いて造られた十字架型の教会で、内部に柱はない。1978年「ラリベラの岩窟教会群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖ゲオルギウス教会の関連キーワードガンメルスタードの教会街スミスモルモン教聖ゲオルギウス大聖堂アイゲンインブリオールダムガーベットゴアホーケンダイク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android