コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ワシリー大聖堂 セイワシリーダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいワシリー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ワシリー大聖堂】

Sobor Vasiliya BlazhennogoСобор Василия Блаженного》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、赤の広場にあるロシア正教会の大聖堂。正式名称はポクロフスキー大聖堂。16世紀半ば、初代ロシア皇帝イワン4世がカザンハン国に対する戦勝を記念して建造。中央の主聖堂のまわりを八つの小聖堂が囲む。17世紀から19世紀にかけて、現在見られる計九つの玉ねぎ型のドームが造られ、彩色が施された。1990年、「モスクワのクレムリンと赤の広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。聖ワシリー寺院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖ワシリー大聖堂の関連キーワードロブノエメスト

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android