コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖信 しょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖信 しょうしん

1544-1592 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)13年生まれ。一条房通の子。真言宗。京都勧修(かじゅう)寺の寛欽(かんきん)入道親王について出家,永禄(えいろく)のころに同寺長吏となる。神護寺の尊進(そんしん)に灌頂(かんじょう)をうけ,大僧正にすすんだ。天正(てんしょう)20年3月8日死去。49歳。通称は慈光院殿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖信の関連キーワードアンジロー良印(1)ザビエルルッフォ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖信の関連情報