コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖安女王 しょうあんじょおう

1件 の用語解説(聖安女王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖安女王 しょうあんじょおう

1668-1712 江戸時代前期-中期,後西(ごさい)天皇の第9皇女。
寛文8年6月22日生まれ。母は藤原定子(ていし)(六条局(つぼね))。延宝6年出家,宝永4年京都通玄寺の住持となり紫衣(しえ)の着用をゆるされた。正徳(しょうとく)2年12月3日死去。45歳。幼称は館宮(たちのみや)。字(あざな)は大成。号は黙堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

聖安女王の関連キーワード赤松沙鴎榎並貞富賀古養節狩野柳雪古白志方玄求島村紹億高野保春米倉昌照