コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職仁親王妃淳子 よりひとしんのうひ あつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

職仁親王妃淳子 よりひとしんのうひ-あつこ

1713-1774 江戸時代中期の皇族。
正徳(しょうとく)3年6月3日生まれ。父は二条吉忠。母は前田綱紀(つなのり)の娘利子。享保(きょうほう)12年職仁親王と結婚。音仁(おとひと)親王,叡仁(えいにん)入道親王を生む。明和6年職仁親王の死去を機に剃髪,法号を光台院とした。和歌,書にすぐれた。安永3年8月14日死去。62歳。幼称は辰姫(ときひめ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

職仁親王妃淳子の関連キーワードルイルイ黒沢雉岡江村北海福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語狩野常信采覧異言

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone