職業適性検査(読み)ショクギョウテキセイケンサ

大辞林 第三版の解説

しょくぎょうてきせいけんさ【職業適性検査】

個人がどのような職業に適した素質・能力をもっているかを測定するテスト。体力・知能・興味・性格などを測定して、適職を調べる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の職業適性検査の言及

【職業適性】より

…(1)個人を中心に据えて,その人の将来の可能性,適する職業や進路を探ろうとする場合(職業指導・進路指導),(2)職業や職務を中心に据えて,そこに採用・配置しようとする個人の適否を判断しようとする場合(採用・選抜配置)である。また,こうした職業適性を測定するための心理学的用具として職業適性検査がある。たとえば労働省編〈一般職業適性検査〉は,作業遂行に必要な9種類の適性能力を測定し,その組合せと得点水準とによって個人の適する職業領域を探るようになっている。…

※「職業適性検査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android