コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職権調停 しょっけんちょうてい

2件 の用語解説(職権調停の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職権調停
しょっけんちょうてい

(1) 民事事件受訴裁判所が,当事者の申立てによらず職権で開始する調停手続。ただし訴訟の促進を考慮し,事件について争点および証拠の整理が完了したのちは,当事者の合意がなければならない (民事調停法 20) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

職権調停【しょっけんちょうてい】

職権に基づいて事件を調停に付すること。1.一般の民事訴訟事件については,民事調停法により受訴裁判所が適当と認めたときは職権で調停に付することができる。2.家庭に関する事件では,家事審判法の定める家事審判の事項のうち乙類に属するものについて,家庭裁判所はいつでも職権で調停(家事調停)に付することができ,訴訟が係属している場合は,受訴裁判所はいつでも職権で家庭裁判所の調停に付することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

職権調停の関連キーワード強制調停職権命令民事調停驥尾に付す準法職権覆審民事調停法準起訴嘱託登記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone