コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民事調停法 ミンジチョウテイホウ

3件 の用語解説(民事調停法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みんじ‐ちょうていほう〔‐テウテイハフ〕【民事調停法】

民事上の紛争の調停に関する手続きを定めている法律。通則のほか、宅地建物・農事・商事・鉱害・交通・公害などの調停についての特則などを規定。昭和26年(1951)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みんじちょうていほう【民事調停法】

民事に関する紛争の調停について定めた法律。調停の組織などに関する通則、宅地建物・農事・商事・鉱害などの調停についての特則、および罰則を規定。1951年(昭和26)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民事調停法
みんじちょうていほう

一般の民事に関する紛争事件(家庭事件を除く)について行う調停に関し包括的に規定した法律。昭和26年法律第222号。これを補充するものとしては「民事調停規則」「民事訴訟費用等に関する法律」「同規則」などがある。本法は、「民事に関する紛争につき、当事者の互譲により、条理にかない実情に即した解決を図ることを目的」(同法1条)とし、その取り扱う事件は、家事調停の対象となる家庭に関する事件と労働関係調整法労働委員会による調停の対象とする労働事件とを除くすべての民事紛争事件について適用される。38か条からなり、第1章総則、第2章特則、第3章罰則に分かれている。ほかに付則もある。第1章総則第1節の通則は、すべての調停事件について、特別の規定がない限り適用せられ、特則は、宅地建物調停(24条~24条の3)、農事調停(25条~30条)、商事調停(31条)、鉱害調停(32条、33条)、交通調停(33条の2)、公害等調停(33条の3)に関して必要な事項をとくに規定したものである。第2章に定める調停事件を各種調停事件といい、それ以外の調停事件を一般調停事件とよんでいる。[内田武吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民事調停法の関連キーワード勧解強制調停仲裁契約不動産登記法民事訴訟民事訴訟法家事審判法人事調停法示談と和解日本知的財産仲裁センター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民事調停法の関連情報