コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝損傷 かんそんしょう Hepatic Injury

1件 の用語解説(肝損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんそんしょう【肝損傷 Hepatic Injury】

[どんな病気か]
 腹腔(ふくくう)に存在する臓器のなかで、肝臓はいちばん大きく、腹部外傷の際に損傷を受けやすい臓器です。しかも血流が豊富で、損傷を受けると大出血になり、出血性(しゅっけつせい)ショック(「腹部外傷」の出血性ショック)におちいりやすいものです。胆汁(たんじゅう)が腹腔内にもれて、急性腹膜炎(きゅうせいふくまくえん)(「急性腹膜炎」)もおこります。
 肋骨骨折(ろっこつこっせつ)やほかの臓器の損傷を合併することも少なくありません。
[症状]
 出血性ショックの症状(呼吸が速い、手足が冷たい、チアノーゼなど)と、腹膜刺激症状(ふくまくしげきしょうじょう)(押すと強くなる腹痛、緊張してかたい腹壁など)がおもな症状です。
 損傷が小さく出血が少量ずつ続くと、遅れてショック状態になることがありますので、腹部打撲様症状がないからといって安心できません。
[検査と診断]
 血液検査を行なうと、GOT・GPTの値が上昇しています。超音波検査と造影剤を使用するCTを行なうと、傷ついた肝臓と腹腔内にたまった血液が写ります。
[治療]
 全身状態がよく、悪化の兆候がなければ、輸液や輸血を行なって経過を観察します。
 出血が続いていても少量で、手術を必要としない程度のときは、選択的動脈塞栓術(せんたくてきどうみゃくそくせんじゅつ)(出血している部位へ血液を送っている動脈の内腔をつめる)が行なわれることがあります。
 輸液、輸血を行なってもバイタルサイン(血圧、脈拍(みゃくはく)、呼吸、意識などの状態(コラムバイタルサインとは」))が悪化するときは、開腹して手術をします。手術は、止血、傷ついた組織の除去、胆汁の漏出の防止が目的です。
 手術をしても止血のできない場合は、肝臓の周囲にガーゼをつめるガーゼタンポナーデを行なうこともあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肝損傷の関連キーワード腹腔綽空何心地腹壁不死身プリマドンナ病は気から銜む銜める腹腔内注射

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝損傷の関連情報