コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝木 カンボク

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぼく【肝木】

スイカズラ科の落葉低木。山地に自生。葉は手のひら状に三~五つに裂ける。初夏、白色の小花が集まって咲き、ガクアジサイに似る。材は楊枝(ようじ)とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぼく【肝木】

スイカズラ科の落葉低木。山地に自生し、高さ約3メートル。葉は掌状に三裂する。初夏、枝頂にガクアジサイに似た花をつける。花被は五裂して白色。材は楊枝ようじにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

肝木 (カンボク)

学名:Viburnum opulus var.calvescens
植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

肝木の関連キーワード肝木房楊枝カンボク掌状

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝木の関連情報