コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥田景直 ひだ かげなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥田景直 ひだ-かげなお

1843-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年2月生まれ。肥田景正の長男。薩摩(さつま)鹿児島藩の都城(みやこのじょう)(宮崎県)領主島津久静(ひさなが)の家臣。安政2年江戸にでて西郷隆盛らの指導をうける。文久3年勤王的言動をとがめられ,父とともに幽閉される。のちゆるされ,慶応4年1月5日鳥羽・伏見の戦いで戦死。26歳。通称は雄太郎。号は謙山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

肥田景直の関連キーワード肥田雄太郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android