肺機能検査(読み)ハイキノウケンサ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺機能検査
はいきのうけんさ

肺機能障害の有無をはじめ、どのような肺機能がどの程度障害されているのか、その障害は進行性か、また手術に耐えうるような状態にあるか、あるいは治療効果などを判定するために行われる検査をいう。肺機能検査は呼吸機能検査ともよばれ、代表的な換気機能検査をはじめ、動脈血のガス分析を基に行う肺胞機能検査や心臓カテーテル法などによる肺循環機能検査がある。
 換気機能検査は、空気を肺に出入させる機能の検査で、スパイロメーターなどを用いて安静および努力呼吸時の呼吸カーブを記録し、肺の呼吸レベルと肺内空気の容積を関係づけた各肺気量分画(肺活量、予備吸気量、1回換気量、予備呼気量、残気量など)や努力肺活量、呼出開始後1秒間に呼出される1秒量などを測定する。これを基に1秒率(1秒量を努力肺活量で割る)や残気率、肺活量比などを計算し、その結果を総合して肺機能を評価する。なお、運動負荷肺機能検査は、安静時にみられない潜在的呼吸困難をみつけたり、慢性肺疾患の患者の社会復帰の評価に用いられ、また肺切除手術の適応決定には、左右別肺機能検査などを行う。
 換気機能障害には拘束性障害、閉塞(へいそく)性障害、混合性障害がある。拘束性障害は、肺活量比が減少して1秒率は正常なもので、原因としては肺病変による肺の伸縮制約(肺気腫(しゅ)や肺癌(がん)など)と胸郭の運動制限(胸膜癒着など)がある。閉塞性障害は、肺活量比は正常で1秒率が低下するもので、気道の抵抗増大(気管支けいれん、腫瘍(しゅよう)やリンパ節による気管支圧迫など)が原因となる。混合性障害は、肺活量比と1秒率がともに低下しているもので、気管支喘息(ぜんそく)や気管支拡張症などでみられる。[山口智道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四訂版 病院で受ける検査がわかる本の解説

肺機能検査

■肺活量分画


■スパイログラム上での努力呼気曲線


〈用語解説〉

肺活量:空気を最もたくさん吸い込んだとき(最大吸気)と、 できるだけ吐き出したとき(最大呼気)の差

%肺活量:〈実際に測定した肺活量÷標準値(予備値)〉

標準値

 男性(50歳、身長160~170㎝)=3500~3700mℓ

 女性(50歳、身長150~160㎝)=2500~2700mℓ

努力性肺活量:最大吸気位からできるだけ速やかに吐き出したときの肺活量

1秒量:1秒間で最大に吐き出せる呼吸量

1秒率:全体呼気量に対する1秒量の比率

呼吸の力を評価し、障害部位を特定する検査で、異常があればくわしく調べます。喘息のある人は、検査で喘息を誘発する場合があるので注意が必要です。

肺気腫、気管支喘息などの診断の助けとなる検査

 息苦しい、せきたんが出る、動悸がするなどの症状があって、肺の病気を疑うときに行う検査で、呼吸の力(吸気きゅうき呼気こき)を定量的に評価し、障害の部位を明らかにします。

 肺機能障害には大別して、肺の有効容量が小さくなる拘束こうそく性肺機能障害(肺結核、肺線維症など)、気道が狭くなる閉塞性肺機能障害(肺気腫、気管支喘息ぜんそくなど)、その混合型がありますが、臨床的には閉塞性がよくみられます。

肺活量80%以下、1秒率70%以下のときは障害を考える

 スパイロメトリーという機械で、肺活量、努力性肺活量、1秒量を測り、1秒率を計算します。診断上は、肺活量と1秒率で肺機能を調べます。

 肺活量は、検査データ上では〈%肺活量〉で表示されます。これは、実際に測定した肺活量をあらかじめ決められている標準値(予備値)で割ったもので、この〈%肺活量〉が80%以下のときは検査上、拘束性肺機能障害があるといいます。一方、1秒率は、70%以下になると検査上、閉塞性肺機能障害があるといい、どちらの場合もさらにくわしい検査を行います。

10分ほどで終了、苦痛はない

 座って検査をします。まず、肺活量を測ります。鼻をノーズクリップで止め、呼吸管を接続したマウスピースを口に加え、静かな呼吸を数回繰り返したのち(少し息苦しさを感じることもあるが、呼吸は普通にできる)、一度大きく息を吐き(最大呼気)、次に大きく息を吸い(最大吸気)、さらに大きく息を吐きます(呼気肺活量、一般にいう肺活量)。これを2~3回繰り返します。

 次に、努力性肺活量、1秒量を測ります。まず、静かな呼吸を2~3回したのち大きく息を吸い、一気に強く息を全部吐きます(努力性肺活量)。呼吸量はグラフに表れ、1秒間の呼気量を測り(1秒量)、呼気率を計算します(1秒率)。

 10分くらいですべて終了します。苦痛はありません。

喘息発作で苦しいときは行わない

 当日の飲食は、普通にとってかまいません。検査時は入れ歯を外して行います。喘息発作で呼吸が苦しいときは、検査はできません。また、検査で喘息発作を誘発することがありますので、注意が必要です。

疑われるおもな病気の追加検査は

◆肺気腫→胸部単純X線撮影、胸部CTなど

◆気管支喘息→胸部単純X線撮影、血液検査(好酸球、IgE)など

医師が使う一般用語
「はいきのう」「こきゅうきのう」

出典 法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」四訂版 病院で受ける検査がわかる本について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肺機能検査の関連情報