コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺機能検査 ハイキノウケンサ

とっさの日本語便利帳の解説

肺機能検査

肺機能を生理学的に検査・評価する方法。一回換気量、最大吸気量、肺活量、全排気量などを測る。気管支喘息肺気腫無気肺肺水腫うっ血性心不全など様々な呼吸器疾患の診断ができる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺機能検査
はいきのうけんさ

肺機能障害の有無をはじめ、どのような肺機能がどの程度障害されているのか、その障害は進行性か、また手術に耐えうるような状態にあるか、あるいは治療効果などを判定するために行われる検査をいう。肺機能検査は呼吸機能検査ともよばれ、代表的な換気機能検査をはじめ、動脈血のガス分析を基に行う肺胞機能検査や心臓カテーテル法などによる肺循環機能検査がある。
 換気機能検査は、空気を肺に出入させる機能の検査で、スパイロメーターなどを用いて安静および努力呼吸時の呼吸カーブを記録し、肺の呼吸レベルと肺内空気の容積を関係づけた各肺気量分画(肺活量、予備吸気量、1回換気量、予備呼気量、残気量など)や努力肺活量、呼出開始後1秒間に呼出される1秒量などを測定する。これを基に1秒率(1秒量を努力肺活量で割る)や残気率、肺活量比などを計算し、その結果を総合して肺機能を評価する。なお、運動負荷肺機能検査は、安静時にみられない潜在的呼吸困難をみつけたり、慢性肺疾患の患者の社会復帰の評価に用いられ、また肺切除手術の適応決定には、左右別肺機能検査などを行う。
 換気機能障害には拘束性障害、閉塞(へいそく)性障害、混合性障害がある。拘束性障害は、肺活量比が減少して1秒率は正常なもので、原因としては肺病変による肺の伸縮制約(肺気腫(しゅ)や肺癌(がん)など)と胸郭の運動制限(胸膜癒着など)がある。閉塞性障害は、肺活量比は正常で1秒率が低下するもので、気道の抵抗増大(気管支けいれん、腫瘍(しゅよう)やリンパ節による気管支圧迫など)が原因となる。混合性障害は、肺活量比と1秒率がともに低下しているもので、気管支喘息(ぜんそく)や気管支拡張症などでみられる。[山口智道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肺機能検査の関連キーワード老化にともなう呼吸器の病気と症状慢性閉塞性肺疾患(COPD)強皮症(全身性硬化症)肺繊維症(肺線維症)サルコイドーシス混合性結合組織病スパイロメーター慢性気管支炎肺機能検査法膠原病肺肺がん呼吸計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肺機能検査の関連情報