コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺音 はいおんlung sounds

世界大百科事典 第2版の解説

はいおん【肺音 lung sounds】

肺や気管支呼吸運動につれて発生する音。医師はその音を聴診器を使って胸壁上で聴き,呼吸器疾患の診断に役立てる。肺音には健康人にも聞かれる呼吸音breath soundsと,疾患の際にだけ発生するラッセル音とがある。 呼吸音は,ホワイトノイズ(FM放送ダイヤルが局間にあるときに聞かれるシャーシャーいう音)に似た雑音である。気管や太い気管支の近くで聞かれる呼吸音は,気管支呼吸音bronchial breath soundsと呼ばれ,胸壁のその他の部位で聞かれるものよりも音質が高く,1000Hz辺りまで周波数成分をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報