コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃生検 イセイケン

2件 の用語解説(胃生検の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐せいけん〔ヰ‐〕【胃生検】

生体の胃粘膜の小片を採取し、顕微鏡で組織の状態を調べる検査法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃生検
いせいけん

胃粘膜を生検することで、生検(バイオプシー)とは、生きた組織の一部を切り取って病理組織学的に診断することをいう。たいへん正確な診断方法である。胃生検は、かつて盲目的吸引生検法と胃鏡直視下生検法が行われていたが、最近はもっぱらファイバースコープによる直視下胃生検法が行われている。この方法は、1964年(昭和39)に日本で初めて完成し、今日では全世界で行われている。この特徴は、胃内のどこからでも生検できること、生検材料の採取個数に制限がないこと、得られる標本が病理組織診断に堪えること、生検による痛みとか、出血や穿孔(せんこう)のような合併症がないことである。この方法は、まず胃を観察するファイバースコープを挿入し、生検する場所を確実にとらえて確認しながらファイバースコープの生検鉗子(かんし)チャンネルから生検鉗子を入れ、胃粘膜を確実につまみ取る。採取される組織片は直径2ミリメートル程度なので、もっと大きい組織片を採取する場合は、ファイバースコープによる直視下吸引生検法や、スネア鉗子で切除するストリップバイオプシーが行われている。
 胃生検は、胃潰瘍(かいよう)の良性・悪性の鑑別になくてはならない診断法であり、X線検査および内視鏡検査のような肉眼レベルの形態学的な診断法によっては診断が決定しにくいときに偉力を発揮する。今日、早期胃癌(いがん)の診断が容易になったのも、胃生検の進歩に負うところが大きい。胃癌のような限局した病変ばかりでなく、慢性胃炎のようなびまん性の病変の診断にも不可欠である。[竹本忠良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の胃生検の言及

【胃癌】より

…胃粘膜の色のわずかな変化や,こまかな凹凸まで診断ができ,早期胃癌の診断には欠かすことができない。胃癌を最終的に診断するためには胃生検が必要である。これは,胃の疑わしい部分から小さな組織片を切り取り,顕微鏡を用いて癌か癌でないかを判定する検査である。…

※「胃生検」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胃生検の関連キーワード限外顕微鏡顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡バイオプシー顕微鏡座腎生検蛍光顕微鏡法走査電子顕微鏡冷凍顕微鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone