胡蘆巴(読み)コロハ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

胡蘆巴 (コロハ)

学名:Trigonella foenum‐graecum
植物。マメ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ころは【胡蘆巴】

〘名〙 マメ科の一年草。ギリシアおよび西アジア原産で、日本には享保年間(一七一六‐三六)に渡来。茎は高さ〇・五~一メートルで、強い芳香がある。葉は三出複葉で互生し、各小葉は倒卵形で縁は細かい歯牙状。初夏、葉腋に白い蝶形花を一、二個ずつつける。果実は莢(さや)で、長さ六センチメートルぐらいになる。種子は三~五ミリメートルで、黄褐色。種子は薬用にするほか、香辛料、飼料に利用される。なんばんだいこん。〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android