コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴縁 ドウブチ

5件 の用語解説(胴縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐ぶち【胴縁】

板塀・竹垣の板や竹を取り付けるため、柱と柱との間に水平に渡した材。
壁に羽目板ボードを取り付けるため、柱・間柱(まばしら)に渡した水平材。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胴縁【どうぶち】

板壁,板塀(いたべい),竹垣などの板や竹を取り付けるために柱に横へ打ち付けた幅の狭い水平材をいう。また羽目板,石綿板,金属板などを用いる場合,それを釘(くぎ)止めにする横木をもいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

胴縁

壁に合板やボードなどを張る際に、それらを留めつけるための下地材。たて胴縁と横胴縁があり、一般には33cmから45cm程度の間隔で取り付けられる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうぶち【胴縁】

壁・塀・垣などで板を打ち止める下地として,柱と柱に渡す幅の狭い横木。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴縁
どうぶち

羽目板やボードを取り付けるために、柱に渡して横に打ち付けた木または竹の水平材。木造建築や鉄骨造では、柱や間柱(まばしら)に取り付けるが、とくに前者では、柱や間柱に切り込みをつけて胴縁と柱の面(つら)をそろえることが多い。コンクリート壁やれんが壁では、あらかじめ木(もく)れんがを埋め込んでおいて、これに取り付ける。垣において、親柱(おやばしら)や間柱に渡す水平の材をさす場合もある。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胴縁の関連キーワード板壁板塀一の板瓦板塀くね柵板塀三の板二の板船板塀大津又平

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone