コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金巾 カナキン〈ポルトガル〉canequim

デジタル大辞泉の解説

カナキン【金巾】

《「カネキン」とも》綿布の一。固く縒(よ)った糸で目を細かく織った薄地の広幅綿布。→キャラコ

カネキン【金巾】

カナキン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金巾【かなきん】

綿織物の一種。ポルトガル語のカネキンcanequimに由来するという。普通は平織の広幅物であるが綾(あや)金巾や紋金巾もある。漂白してない生金巾,さらし金巾,色金巾,プリントなどがある。
→関連項目キャラコ平織

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かなきん【金巾】

平織綿織物の一種。語源はポルトガル語のカネキンcanequim。日本へは16世紀にポルトガル船によりインド産のものがもたらされた。細めの綿単糸を用いて緻密に織り,糸使いの番手や密度によって種類は多い。生金巾,晒(さらし)金巾,綾金巾,色金巾,更紗(さらさ)金巾など,また幅によって並幅金巾,二幅金巾,三幅金巾などがある。特に羽二重金巾はガス焼き仕上げの優良薄地平金巾で,綿キャンブリックやキャラコも同類である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カナキン【金巾】

やや細目の単糸を用いて、たてよこともに密度を同じに織った薄地の平織り綿布。敷布・肌着・シャツなどに用いられる。カネキン。 〔「金巾」とも書く〕 → キャラコ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金巾
かなきん

キャラコ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金巾
かなきん

ポルトガル語のカネキンcanequineから出たことばといわれ、15、16世紀ごろに南方から舶来された綿織物をさすことから使われてきた。一般には30~40番手の綿糸で平織にした薄織物をさす。とくに細番手(40番手以上のもの)で、漂白したのち糊(のり)付け加工・ロール(圧延)加工したものをキャリコ(キャラコ)、キャンブリックとよんでいる。種類は、幅の広狭によって二幅、並幅、三幅金巾(一幅とは鯨(くじら)1尺=約38センチメートル)などや、加工によって晒(さらし)金巾、色金巾、更紗(さらさ)金巾(捺染(なっせん)金巾のことをさす)などがある。これらは衣料として広く用いられ、白足袋(たび)、割烹着(かっぽうぎ)などは古くからよく知られ、小幅のものはモス裏として和服の裏地に使われてきた。現在では高級化の指向が強く、ブロード地へ移行しており、シーツ地によく使われている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金巾の関連キーワード東洋紡績(株)羽二重カナキン阿部 房次郎友禅カナキンガスカナキン藤井 善助薩摩治兵衛阿部房次郎金巾子の冠藤井善助節句鯉幟天竺木綿ガス金巾更紗紙宝くじ吸取紙金巾子巾子紙仕立て和服

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android