コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金巾 カナキン 〈ポルトガル〉canequim

7件 の用語解説(金巾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カナキン【金巾】

《「カネキン」とも》綿布の一。固く縒(よ)った糸で目を細かく織った薄地の広幅綿布。→キャラコ

カネキン【金巾】

カナキン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金巾【かなきん】

綿織物の一種。ポルトガル語のカネキンcanequimに由来するという。普通は平織の広幅物であるが綾(あや)金巾や紋金巾もある。漂白してない生金巾,さらし金巾,色金巾,プリントなどがある。
→関連項目キャラコ平織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かなきん【金巾】

平織綿織物の一種。語源はポルトガル語のカネキンcanequim。日本へは16世紀にポルトガル船によりインド産のものがもたらされた。細めの綿単糸を用いて緻密に織り,糸使いの番手や密度によって種類は多い。生金巾,晒(さらし)金巾,綾金巾,色金巾,更紗(さらさ)金巾など,また幅によって並幅金巾,二幅金巾,三幅金巾などがある。特に羽二重金巾はガス焼き仕上げの優良薄地平金巾で,綿キャンブリックキャラコも同類である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カナキン【金巾】

やや細目の単糸を用いて、たてよこともに密度を同じに織った薄地の平織り綿布。敷布・肌着・シャツなどに用いられる。カネキン。 〔「金巾」とも書く〕 → キャラコ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金巾
かなきん

キャラコ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金巾
かなきん

ポルトガル語のカネキンcanequineから出たことばといわれ、15、16世紀ごろに南方から舶来された綿織物をさすことから使われてきた。一般には30~40番手の綿糸で平織にした薄織物をさす。とくに細番手(40番手以上のもの)で、漂白したのち糊(のり)付け加工・ロール(圧延)加工したものをキャリコ(キャラコ)、キャンブリックとよんでいる。種類は、幅の広狭によって二幅、並幅、三幅金巾(一幅とは鯨(くじら)1尺=約38センチメートル)などや、加工によって晒(さらし)金巾、色金巾、更紗(さらさ)金巾(捺染(なっせん)金巾のことをさす)などがある。これらは衣料として広く用いられ、白足袋(たび)、割烹着(かっぽうぎ)などは古くからよく知られ、小幅のものはモス裏として和服の裏地に使われてきた。現在では高級化の指向が強く、ブロード地へ移行しており、シーツ地によく使われている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金巾の関連キーワード紺屋役乳切り木やや稍寒梅空木ややこし・いややま・しやや・む動もせばやや重 (yielding)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金巾の関連情報