コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能率増進運動 のうりつぞうしんうんどう efficiency movement

1件 の用語解説(能率増進運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうりつぞうしんうんどう【能率増進運動 efficiency movement】

アメリカで19世紀末ころから始められた工場生産の作業能率を高めるための運動をいう。能率増進運動の最初の体系的提唱者は,アメリカF.W.テーラーである。彼はアメリカ産業界における現場管理システム化について実験し研究してきた成果をまとめ,1903年に《職場管理Shop Management》,さらに11年に《科学的管理法の原理The Principles of Scientific Management》を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

能率増進運動の関連キーワードアメリカインディアンアングロアメリカラテンアメリカアメラグアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメラシアン亜米利加アメリカ梯姑

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone