コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂肪体 しぼうたい fat body

2件 の用語解説(脂肪体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂肪体
しぼうたい
fat body

白色,黄色または橙色の塊状や房状をした脂肪組織をいう。脊椎動物では腎臓や生殖腺に接して腹腔内に,無脊椎動物では血腔中に存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぼうたい【脂肪体 fat body】

他の組織から独立して腹腔内にある塊状の脂肪組織で,脂肪の貯蔵器官。白色ないし淡黄色をなす。哺乳類や鳥類では,脂肪組織は皮下にも発達するが,脂肪体はおもに腎臓や生殖腺に接した腹腔内にできる。両生類では,皮下脂肪組織が発達せず,脂肪体だけが生じる。有尾類(サンショウウオなど)や無足類(アシナシイモリなど)では生殖腺原基の全域から形成された細長い組織だが,無尾類(カエル)では生殖腺原基の前部(前生殖腺)から形成された掌状または房状の組織である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の脂肪体の言及

【種子】より

…これらの種衣は普通,あざやかな紅色で,鳥に食べられることにより,種子の散布に役だっている。 トウゴマの種子には胚柄の一部が発達したカルンクルcaruncleとよばれる付属体があり,脂肪を多量に含んでいて脂肪体elaiosomeともいう。この脂肪体はアリが好んで食べ,巣穴へ運ばれるが,種子本体は食害からまぬがれ,種子の散布に役だつ。…

※「脂肪体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脂肪体の関連キーワード腹腔鏡内出血腹腔内脂肪腹腔内注射筏状組織ヴァルダイヤーの法則バールの法則メチニコフ現象ワルダイヤーの法則腹腔内膿瘍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脂肪体の関連情報