コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島 かわしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川島
かわしま

岐阜県南部,各務原市南部の旧町域。愛知県境の木曾川中流域にできた川中島に位置する。 1956年町制。 2004年各務原市に編入。古くから繊維工業が発達し,特に撚糸,織物の家内工業が行なわれる。近年は薬品工業も主産業の一つ。

川島
かわしま

徳島県北東部,吉野川下流の南岸にある地区。旧町名。 1955年川島町 (1889年町制) ,学 (がくしま) 村が合体して発足。 2004年 10月,鴨島町,山川町,美郷村と合併し,吉野川市となる。剣山地北麓と吉野川の自然堤防を占め,桑園や畑が多い。明治中期に完成した麻名 (あさな) 用水により,水田化が進んだ。中心地区の川島は旧伊予街道 (国道 192号線) に沿い,阿波九城の一つ川島城を中心に発展。城の置かれた城山は現在は桜の名所で観光地。付近からは銅鐸を出土。城山の北麓に麻名用水の取水口がある。西部の学 (がく) は古代粟ノ国の学問所のあったところ。伊加々志神社,川島神社などの古社がある。また,二ツ森公園や水神の滝周辺はブドウ狩りやミカン狩りでにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しま〔かは‐〕【川島】

川の中の島。歌語として「交はす」に掛けて用いることが多い。
「相見ては心ひとつを―の水の流れて絶えじとぞ思ふ」〈伊勢・二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわしま【川島】

川の中にある島。 「逢ひ見ては心ひとつを-の水の流れて絶えじとぞ思ふ/伊勢 22

かわしま【川島】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

川島の関連キーワード日興コーディアルグループ[株]埼玉県比企郡川島町上八ツ林埼玉県比企郡川島町下八ツ林川島皇子(かわしまのみこ)埼玉県比企郡川島町上大屋敷埼玉県比企郡川島町出丸中郷埼玉県比企郡川島町下小見野埼玉県比企郡川島町下大屋敷埼玉県比企郡川島町牛ケ谷戸埼玉県比企郡川島町上小見野埼玉県比企郡川島町三保谷宿埼玉県比企郡川島町山ケ谷戸埼玉県比企郡川島町鳥羽井埼玉県比企郡川島町上伊草埼玉県比企郡川島町小見野埼玉県比企郡川島町一本木埼玉県比企郡川島町南園部埼玉県比企郡川島町下伊草徳島県吉野川市川島町川島埼玉県比企郡川島町梅ノ木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川島の関連情報