コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島 かわしま

8件 の用語解説(川島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川島
かわしま

岐阜県南部,各務原市南部の旧町域。愛知県境の木曾川中流域にできた川中島に位置する。 1956年町制。 2004年各務原市に編入。古くから繊維工業が発達し,特に撚糸,織物の家内工業が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川島
かわしま

徳島県北東部,吉野川下流の南岸にある地区。旧町名。 1955年川島町 (1889年町制) ,学島 (がくしま) 村が合体して発足。 2004年 10月,鴨島町,山川町,美郷村と合併し,吉野川市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しま〔かは‐〕【川島】

川の中の島。歌語として「交はす」に掛けて用いることが多い。
「相見ては心ひとつを―の水の流れて絶えじとぞ思ふ」〈伊勢・二二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわしま【川島】

川の中にある島。 「逢ひ見ては心ひとつを-の水の流れて絶えじとぞ思ふ/伊勢 22

かわしま【川島】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川島の関連キーワード川島〈町〉鴨島〈町〉徳島県吉野川市美郷川俣徳島県吉野川市美郷小竹徳島県吉野川市美郷平徳島県吉野川市美郷峠徳島県吉野川市美郷張徳島県吉野川市美郷宗田吉野〈町〉脇〈町〉

川島の関連情報