コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島 かわしま

8件 の用語解説(川島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川島
かわしま

岐阜県南部,各務原市南部の旧町域。愛知県境の木曾川中流域にできた川中島に位置する。 1956年町制。 2004年各務原市に編入。古くから繊維工業が発達し,特に撚糸,織物の家内工業が行なわれる。近年は薬品工業も主産業の一つ。

川島
かわしま

徳島県北東部,吉野川下流の南岸にある地区。旧町名。 1955年川島町 (1889年町制) ,学島 (がくしま) 村が合体して発足。 2004年 10月,鴨島町,山川町,美郷村と合併し,吉野川市となる。剣山地北麓と吉野川の自然堤防を占め,桑園や畑が多い。明治中期に完成した麻名 (あさな) 用水により,水田化が進んだ。中心地区の川島は旧伊予街道 (国道 192号線) に沿い,阿波九城の一つ川島城を中心に発展。城の置かれた城山は現在は桜の名所で観光地。付近からは銅鐸を出土。城山の北麓に麻名用水の取水口がある。西部の学 (がく) は古代粟ノ国の学問所のあったところ。伊加々志神社,川島神社などの古社がある。また,二ツ森公園や水神の滝周辺はブドウ狩りやミカン狩りでにぎわう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐しま〔かは‐〕【川島】

川の中の島。歌語として「交はす」に掛けて用いることが多い。
「相見ては心ひとつを―の水の流れて絶えじとぞ思ふ」〈伊勢・二二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわしま【川島】

川の中にある島。 「逢ひ見ては心ひとつを-の水の流れて絶えじとぞ思ふ/伊勢 22

かわしま【川島】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川島の関連情報