コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈なし病 みゃくなしびょうpulseless disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脈なし病
みゃくなしびょう
pulseless disease

高安病,大動脈炎症候群ともいう。大動脈弓総頸動脈鎖骨下動脈などの閉塞とともに,橈骨動脈の拍動消失 (脈が触れない) ,網膜中心動脈の変化と視力障害などの眼症状,頸動脈洞反射亢進を示す大動脈弓症候群を示す疾患。若い女性に多い。原因は不明であるが,動脈に対する自己抗体 (抗大動脈抗体) による自己免疫疾患,若い女性に好発することから内分泌異常などが考えられている。副腎皮質ホルモンの投与や,動脈の狭窄・閉塞に対する手術的療法が試みられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脈なし病
みゃくなしびょう
pulseless disease

(けい)動脈と橈骨(とうこつ)動脈の脈拍を触れない疾患で、1948年(昭和23)に清水健太郎(1903―87)と佐野圭司(けいじ)(1920― )が命名、発表して注目された。〔1〕上肢の脈(橈骨動脈拍動)が触れないこと、〔2〕眼底などにみられる特有な眼症状、〔3〕頸動脈洞反射(頸動脈を圧迫すると反射的に徐脈と血圧降下をきたす)の亢進(こうしん)を、脈なし病の三主徴といい、日本はじめアジア諸国の若い女性に多くみられる。成因についてはまだ不明で、病理学的には大動脈およびその主幹分岐動脈に選択的に発生する閉塞(へいそく)性血栓性動脈炎であるとされており、現在では大動脈弓症候群に総括されている。また、1908年(明治41)に高安右人(たかやすみきと)(1860―1938)が「奇異なる網膜中心血管の変化の一例」として報告し、高安動脈炎とか高安病とよばれた疾患とも同じものとされている。[竹内慶治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

脈なし病の関連キーワード網膜に変化をおこす全身の病気目のしくみとはたらき鎖骨下動脈盗血症候群大動脈縮窄症高血圧症血管炎膠原病鼻中隔巨細胞奇病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脈なし病の関連情報