コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坐骨神経 ざこつしんけいsciatic nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坐骨神経
ざこつしんけい
sciatic nerve

第4,5腰神経および第1,2,3仙骨神経から成る,人体で最大,最長の末梢神経。本幹は,梨状筋の下から大坐骨孔を出て,さらに骨盤を出たあと,坐骨結節と大転子の間を大殿筋におおわれて下がり,膝窩にいたる。ここで脛骨神経と総腓骨神経の2枝に分れる。坐骨神経が完全に麻痺すると,膝関節屈曲不能となり,膝関節以下の筋肉はすべて麻痺する。原因としては,骨盤や大腿骨の骨折,殿部や大腿の損傷,殿筋内注射,骨盤腫瘍,糖尿病結節性動脈周囲炎などがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坐骨神経
ざこつしんけい

骨盤の後壁から出る仙骨神経叢(そう)のうちの1本が坐骨神経であり、人体中ではもっとも太くて長い神経である。坐骨神経は第4、第5腰神経と第1、第2、第3仙骨神経から構成されている。仙骨神経叢から分かれた坐骨神経は、大坐骨孔を通過して梨状(りじょう)筋の下側(梨状筋下口)から骨盤腔(くう)を抜けて大腿(だいたい)の後面に出て下行する。下行しながら大腿後側の筋肉、下腿と足の筋肉に運動神経を出すほか、下腿の皮膚には感覚神経を出している。また、下肢のすべての関節にも神経枝が行っている。坐骨神経は骨盤の損傷や股(こ)関節の障害などによって損傷されることが多い。また、臀部(でんぶ)に不注意に注射をすると、坐骨神経の損傷、麻痺(まひ)などをおこすこともある。腰椎(ようつい)下部の椎間板ヘルニア、骨の疾患、腫瘍(しゅよう)などで坐骨神経の圧迫や傷害を受けると坐骨神経痛の原因ともなる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

坐骨神経の関連キーワード脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患ジャンルイジ ブッフォン坐骨神経痛(座骨神経痛)薬草治療は世界の潮流坐骨神経(座骨神経)特発性大腿骨頭壊死ジアテルミー療法脊椎分離すべり症椎間板ヘルニア変形性腰椎症脊椎カリエス強直性脊椎炎変形性脊椎症苓姜朮甘湯坐骨神経痛大腿二頭筋腰痛(症)椎間円板脊椎辷症前立腺癌

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坐骨神経の関連情報