コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱(ぎ)掛ける ヌギカケル

デジタル大辞泉の解説

ぬぎ‐か・ける【脱(ぎ)掛ける】

[動カ下一][文]ぬぎか・く[カ下二]
衣服を脱ぎはじめる。途中まで脱ぐ。「―・けたコートをまた着直す」
衣服を脱いで物や肩に掛ける。
「我が身は竹の林にあらねどもさたが衣を―・くるかな」〈今昔・二四・五六〉
衣服を脱いで賞として人に与える。
「―・け給ふ色々、秋の錦を風の吹きおほふかと見ゆ」〈・松風〉
肩脱ぎをする。また、抜き衣紋(えもん)にする。
「ふたあひの織物の衣―・けておはするを」〈宇津保・国譲中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

脱(ぎ)掛けるの関連キーワード抜き衣紋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android