コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱(ぎ)掛ける ヌギカケル

デジタル大辞泉の解説

ぬぎ‐か・ける【脱(ぎ)掛ける】

[動カ下一][文]ぬぎか・く[カ下二]
衣服を脱ぎはじめる。途中まで脱ぐ。「―・けたコートをまた着直す」
衣服を脱いで物や肩に掛ける。
「我が身は竹の林にあらねどもさたが衣を―・くるかな」〈今昔・二四・五六〉
衣服を脱いで賞として人に与える。
「―・け給ふ色々、秋の錦を風の吹きおほふかと見ゆ」〈・松風〉
肩脱ぎをする。また、抜き衣紋(えもん)にする。
「ふたあひの織物の衣―・けておはするを」〈宇津保・国譲中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

脱(ぎ)掛けるの関連キーワード抜き衣紋

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android