コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸無水物 さんむすいぶつ acid anhydride

7件 の用語解説(酸無水物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸無水物
さんむすいぶつ
acid anhydride

(1) カルボン酸無水物 カルボキシル基2個から水1分子がとれた形の化合物。その化学式は一塩基酸では (RCO)2O ,二塩基酸以上の酸では R(CO)2O となる。脂肪族カルボン酸で低位のものは刺激臭のある液体であるが,高位のものは無臭の固体である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐むすいぶつ【酸無水物】

カルボン酸2分子から水1分子がとれて縮合した形の化合物無水酢酸など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸無水物【さんむすいぶつ】

主としてカルボン酸の無水物をいう。分子間または分子内の2つのカルボキシル基から水H2Oが1分子とれた形の化合物。無水酢酸無水フタル酸など。加水分解により酸に戻り,アンモニアと反応して酸アミドを,アルコールと反応してエステルを生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

酸無水物

 カルボン酸のカルボキシル基の二つが脱水縮合した化合物.分子内で脱水する場合と分子間で脱水するものがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんむすいぶつ【酸無水物 acid anhydride】

カルボン酸2分子から1分子の水がとれて生成した化合物の総称で,一般式は(RCO)2Oで表される。コハク酸やマレイン酸などのようなジカルボン酸では,分子内で脱水縮合が起こり環状酸無水物が容易に生成する(無水コハク酸無水マレイン酸)。また,2種類のカルボン酸の間で脱水縮合が起こると混合酸無水物が生成することになる。命名はカルボン酸名の前に〈無水〉をつける。混合酸無水物の場合には〈無水〉の後に2種のカルボン酸名をつづける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんむすいぶつ【酸無水物】

カルボン酸の同一分子内、または二個の分子間で、二個のカルボキシル基から水一分子がとれて、縮合してできた化合物。無水酢酸・無水フタル酸など。水と反応すると酸が、アンモニア、アルコールと反応すると、それぞれ酸アミド、エステルができる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸無水物
さんむすいぶつ
acid anhydride

カルボン酸2分子が水1分子を失って縮合した化合物。一般式(RCO)2Oで表される。同一種類のカルボン酸が脱水縮合した無水物のほかに、2種類の異なるカルボン酸の脱水縮合による混合酸無水物、二塩基酸が分子内で2個のカルボキシ基(カルボキシル基)の間で脱水をおこしてできる環状無水物などがある。カルボン酸無水物を命名するには、従来は「無水――酸」の名が用いられていたが、結晶水を含まない物質を表す場合などと紛らわしいので、常用されている無水酢酸、無水コハク酸、無水マレイン酸、無水フタル酸を除いて「――酸無水物」の名でよぶ。
 一般的な合成法としては、カルボン酸、またはカルボン酸塩に酸塩化物を反応させる方法がとられている。

 ジカルボン酸の環状無水物は、単にジカルボン酸を加熱するだけで容易に生成する場合がある。とくに5員環および6員環の無水物は生成しやすい。
 低分子量の脂肪族カルボン酸の無水物は、刺激臭のある液体であるが、そのほかの酸無水物はほとんど無臭の固体である。水との反応によりカルボン酸、アルコールとの反応によりエステル、アンモニアとの反応により酸アミドを生成する。アシル化剤として広く用いられている。[廣田 穰・末沢裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸無水物の関連キーワードカルボン酸グラム分子ジカルボン酸多原子分子無水マレイン酸オキシカルボン酸高分子脱水縮合カルボン酸エステラーゼジカルボン酸尿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone