コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳胞 のうほうbrain vesicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳胞
のうほう
brain vesicle

脊椎動物の発生初期において,外胚葉性である神経管前端が数個のふくらみを生じたものをいう。最初に生じる1次胞には前脳胞,中脳胞,後脳胞が区別される。次いで前脳胞は端脳胞と間脳胞に,また後脳胞は狭義の後脳胞と髄脳胞に分れ,これら合計5個の脳胞が,大脳から延髄にいたるそれぞれの脳部位へと分化,発達していく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐ほう〔ナウハウ〕【脳胞】

脊椎動物の発生初期に、神経管の前端にできるふくらみ。浅いくびれによって前脳・中脳・後脳(菱脳(りょうのう))に分かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうほう【脳胞】

脊椎動物の発生において、神経管の前端にできるふくらみ。脳の初期のもので、浅いくびれによって、前脳・中脳・後脳の三部に分かれる。 → 神経管

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の脳胞の言及

【神経系】より

… 脊椎動物の進化の初期において,特殊化した感覚系が脳の各主要部分と連絡する。すなわち嗅覚系は前脳(前脳胞)と,視覚系は中脳(中脳胞)と,波動のような機械的感覚系は後脳(後脳胞)と関連する。さらにこれらの3部分つまり脳胞brain vesicleでは,細胞集団が背外側に発達し,大脳,視蓋および小脳が形成される。…

【脳】より

…脊髄管がその後も原形を比較的よく保ちながら脊髄に分化,発育するのに対して,脳管は胎児の成長につれて複雑に変形する。まず脳管は前脳胞,中脳胞,菱脳(りようのう)胞の三つの膨らみ(脳胞brain vesicle)に区分されるが,さらに前脳胞は終脳胞と間脳胞に,菱脳胞は後脳胞と髄脳胞に区分される。このように脳管が五つの脳胞から成立する時期は,ヒトでは胎生5週である。…

※「脳胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

脳胞の関連キーワード脊椎動物水頭症終脳