コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髄脳 ズイノウ

デジタル大辞泉の解説

ずい‐のう〔‐ナウ〕【髄脳】

骨髄と脳。
脳髄。
脊椎動物の胚(はい)における脳胞の一。のちに延髄に分化し、後方で脊髄に続く。末脳。
最も重要な部分。奥義(おうぎ)。心髄。
「感慨ある歌の一句を以て―とせる新句は」〈国歌八論
歌学で、和歌の法則や奥義などを述べた書物。
「例の歌を短歌(みじかうた)とも書きたる―も見ゆるは」〈俊頼髄脳

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいのう【髄脳】

脊椎動物の胚における脳胞の一つで、最後方にあるもの。のち延髄に分化し、後方で脊髄に続く。
脳髄。
奥義や秘説。必得。また、それを書いた書物。 「和歌の-、いと所せく、病やまい(=歌病)、さるべき心多かりしかば/源氏 玉鬘

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の髄脳の言及

【脳】より

…脊髄管がその後も原形を比較的よく保ちながら脊髄に分化,発育するのに対して,脳管は胎児の成長につれて複雑に変形する。まず脳管は前脳胞,中脳胞,菱脳(りようのう)胞の三つの膨らみ(脳胞brain vesicle)に区分されるが,さらに前脳胞は終脳胞と間脳胞に,菱脳胞は後脳胞と髄脳胞に区分される。このように脳管が五つの脳胞から成立する時期は,ヒトでは胎生5週である。…

※「髄脳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

髄脳の関連キーワード瑞・随・隨・髄・髓新撰和歌集小式部内侍篠田 一士とおしろし俊頼無名抄藤原公任五家髄脳新撰髄脳金春禅竹四家髄脳奥義抄稲子麿俊秘抄能楽論無名抄三代集源俊頼源順奥義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髄脳の関連情報