コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎周囲炎 じんしゅういえん perinephritis

2件 の用語解説(腎周囲炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腎周囲炎
じんしゅういえん
perinephritis

腎臓の周囲を包んでいる腎周囲脂肪組織の炎症で,血行性の細菌感染,または腎盂炎腎盂腎炎などが波及して起る。悪寒戦慄を伴う高熱を発し,腎臓部に強い痛みを覚える。腎周囲膿瘍を伴うことが多く,この場合,腎臓部は赤く膨隆し,強い圧痛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腎周囲炎
じんしゅういえん

尿路感染症が腎臓周囲の組織に波及したもので、独立疾患として問題になるというよりも、臨床上、ペニシリンなどの抗生物質による薬効が及びにくいところから注目される疾患である。[加藤暎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腎周囲炎の関連キーワード脂肪組織遊走腎ラード白色脂肪組織脂肪組織切除脂肪組織切除術腎臓周囲脂肪組織蓄積脂肪腎盂腎炎(腎盂炎)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone