コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎周囲膿瘍 じんしゅういのうようPerinephritic Abscess

家庭医学館の解説

じんしゅういのうよう【腎周囲膿瘍 Perinephritic Abscess】

[どんな病気か]
 腎臓(じんぞう)の表面をおおっている膜(被膜(ひまく))と腎臓の周囲にある筋肉の膜(ジェロタ筋膜(きんまく))との間にある脂肪の中に、膿(うみ)のかたまりができる病気です。
 多くの場合、腎盂腎炎(じんうじんえん)(「腎盂腎炎(腎盂炎)」)などによって腎臓の組織(腎実質(じんじっしつ))が細菌に感染して、それが周囲の脂肪にまでおよんでおこる病気です。
 しかし、全身の抵抗力が弱っていたりすると、からだのほかの部位の感染巣から、細菌が血流で運ばれて感染がおこること(血行性感染(けっこうせいかんせん))もあります。糖尿病の人は、この病気になりやすいといわれています。
[症状]
 腎臓のあるあたりが痛み、浮腫(ふしゅ)(むくみ)や発熱などがみられます。
 脂肪中にできた膿のかたまりが大きくなると、弾力のある腫瘤(しゅりゅう)(できもの)を手で触れることができるようになります。ここまで進むと、体重が減少し、全身が衰弱してきます。
[検査と診断]
 発熱などの全身症状があり、腎臓のあたりを押したときの痛みや腫(は)れがあれば、腎周囲膿瘍が疑われます。
 腹部のX線像を撮ってみると、腎臓の輪郭がぼやけています。血液検査では、白血球(はっけっきゅう)がきわめて増加しています。
 超音波検査、CTスキャン、MRIなどの画像検査をすると、膿瘍のある部位や大きさがわかります。
 超音波検査の画像を見ながら、その部分に細い針を刺して吸引し、膿があれば、診断が確定します。
 なお、血行性感染の場合、尿は正常なこともあります。
[治療]
 抗菌作用のある薬の使用(化学療法)と安静が治療の基本となります。
 膿瘍の部位などがはっきりしている場合は、針を刺すか切開して、膿を取り除けば、急速によくなります。
 また、原因となった感染巣の治療も並行して行なうことがたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

腎周囲膿瘍の関連キーワード続発性高血圧(二次性高血圧)腎周囲炎腎膿瘍

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android