コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐生菌 ふせいきん

2件 の用語解説(腐生菌の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふせいきん【腐生菌】

腐生を営む細菌および菌類。自然界で物質の分解者として重要。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腐生菌
ふせいきん
saprophytic fungi

葉緑素をもたない菌類は、有機物を栄養源としなければ生活できない。その有機物が植物の枯れ葉や木材、または動物の死体や排泄(はいせつ)物、あるいは単なる有機物である場合、その栄養のとり方を腐生栄養といい、このような生活を営む菌を腐生菌という。なお、「腐生」は「死物寄生」ともいう。腐生菌が自然界で果たす役割は有機物の分解であり、腐敗とか腐朽という現象となって人の目に触れる。しかし、腐生菌の働きがなければ、自然界は動植物の遺骸(いがい)や排泄物で埋まり、いっさいの生物は生活ができなくなる。いいかえれば、有機物を分解して無機物に還元する菌類の役割の大部分は、腐生菌によってなされているといえる。残りの小部分の分解は、生活体に寄生して病気をおこす、いわゆる病原菌によってなされる。病原菌のうち、宿主の生活細胞から栄養をとる菌は活物寄生菌、絶対的活物寄生菌とよばれる。一方、宿主の生活細胞を攻撃してその生活力を奪い、結局は生命を失った宿主細胞から腐生的に栄養をとる菌は、殺生(さっせい)菌とよばれる。殺生菌は、厳密には活物寄生菌でもないし、腐生菌でもないといえる。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の腐生菌の言及

【菌類】より

…陸上では土壌に最も多く,土壌生菌類と称され,物質の分解に大きく関与している。植物につく菌類には寄生菌と腐生菌とがあり,前者は銹病菌(さびびようきん)などの絶対寄生菌と土壌などで腐生生活ができるものが含まれる。後者は落葉,落枝の分解に関与するもので,落葉生菌類と称され,多様のものが含まれる。…

※「腐生菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone