コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕山 かいなやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腕山
かいなやま

徳島県西部、三好(みよし)市西祖谷山(にしいややま)村にある山。標高1333メートル。1150メートル以上は緩傾斜をなし、幅400メートル、長さ4キロメートルのススキの原が広がる。1959年(昭和34)より県営放牧場となり、乳牛を委託飼育。北側の尾根はスキー場として利用される。剣山(つるぎさん)国定公園の一部。腕山北東の水ノ口峠(1110メートル)は井内谷(いのうちだに)から祖谷への旧道である。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腕山の言及

【井川[町]】より

…農業が中心で米,茶などの栽培のほか,畜産が盛んである。南端の腕(かいな)山は四国では数少ないスキー場として有名。吉野川の美濃田の淵は結晶片岩の奇岩,怪石の景勝地として知られ,三ッ石城跡は南北朝期に新田義治の築城と伝えられる。…

※「腕山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

腕山の関連キーワード井川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腕山の関連情報