コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕香 ウデゴウ

デジタル大辞泉の解説

うで‐ごう〔‐ガウ〕【腕香】

僧や修験者が、腕の上で香をたいて熱さに耐える荒行。
「―ヲ焚ク」〈日葡
近世、腕に刃物を刺すなどして荒行のまねをし、米・銭をこう物乞い膏薬(こうやく)売り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うでごう【腕香】

腕の上で香をたく荒行。 「 -なりと、頭香なりともおたきやれ/狂言・花子」
近世、腕に刃物を立てたりして銭を乞う物乞いや膏薬こうやく売り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腕香の関連キーワード修験者門付狂言花子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android