コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒行(読み)アラギョウ

大辞林 第三版の解説

あらぎょう【荒行】

修験者などが山野などにこもってする荒々しい修行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒行
あらぎょう

宗教的実践の方法の一つ。苦行のなかでももっとも過酷な肉体的苦痛を課すもので、ときには死を覚悟して行われる。荒行の目的は、肉体を苦しめることによって、過去、現在のいっさいの罪と穢(けがれ)を滅ぼしたり、浄(きよ)めたりすることである。そうすることによって精神も肉体も強靭(きょうじん)になり、また神や仏に近づくと信じられた。その結果として病を治したり、奇跡を現す超人間的験力が得られるので、多くは山伏(やまぶし)などの山林修行者が荒行を行った。荒行の実践的方法は、山中や洞窟(どうくつ)や滝にこもって俗世間から離れ、断食や不眠不動の行をすることが多い。または一つの岩や山を10日も30日も巡ることもあり、これを行道(ぎょうどう)という。奈良県大峰山の山伏は、熊野(くまの)から入る順峰(じゅんぶ)100日、吉野から入る逆峰(ぎゃくぶ)75日の山越えをしたが、これを抖(とそうぎょう)という。またすべてに共通するのは水行(すいぎょう)(水垢離(みずごり))である。和歌山県熊野那智(なち)の大滝で水行をした「文覚(もんがく)の荒行」は『平家物語』(巻5)によって有名である。また「身延(みのぶ)の荒行」といわれる日蓮(にちれん)宗の荒行もよく知られており、これは寒(かん)を含む100日の間、毎日7回の水行を繰り返す。現在は身延山では行われず、中山法華経(ほけきょう)寺(千葉県市川市)で行われている。[五来 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒行の関連情報