膏薬練・膏薬煉(読み)こうやくねり

精選版 日本国語大辞典「膏薬練・膏薬煉」の解説

こうやく‐ねり カウヤク‥【膏薬練・膏薬煉】

[1] 膏薬を練り作ること。また、それを業とする人。
※虎明本狂言膏薬煉(室町末‐近世初)「とうごくにかくれもなきかうやくねりにて
[2] (膏薬煉) 狂言。各流。鎌倉上方の薬売りが膏薬の効能比べをすることになり、系図を披露するが勝負がつかず、鼻の頭に薬をつけて吸い比べをし、上方の薬売りが勝つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android