コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠原病と関節リウマチ こうげんびょうとかんせつりうまち

1件 の用語解説(膠原病と関節リウマチの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうげんびょうとかんせつりうまち【膠原病と関節リウマチ】

 リウマチは膠原病ですか、という質問をよく受けます。膠原病ということばは、1つの病気をさす名前ではなく、免疫異常をともなういくつかの病気の総称です。
 代表的な膠原病は、全身性エリテマトーデス、強皮症(きょうひしょう)、多発性筋炎(たはつせいきんえん)などです。どれも難病で、予後も必ずしもよくありません。
 関節リウマチは膠原病ですか、と聞かれる患者さんの多くは、関節リウマチは生命にかかわる病気なのだろうかという不安があるのだと思います。
 関節リウマチも免疫の病気であり、広い意味では膠原病の仲間です。しかし膠原病では、病気によっておかされるからだの部分がちがうのです。
 全身性エリテマトーデスは、皮膚、腎臓(じんぞう)がおもにおかされ、強皮症では皮膚、肺、消化管などが、多発性筋炎では筋肉がおかされます。
 それに対して、関節リウマチはおもに関節がおかされる病気です。肺などの内臓がおかされることもありますが、そうした危険は、ほかの膠原病より少なく、生命の危険は大きくありません。
 したがって、関節リウマチは、広い意味では膠原病の仲間ですが、難病といわれる病気などとは少しニュアンスがちがう、ということがいえるでしょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone