コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍炎 さいえんomphalitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臍炎
さいえん
omphalitis

臍部の炎症をいう。臍帯が脱落した直後は炎が起りやすい。臍部の皮膚が発赤腫脹し,分泌物が出る状態が長く続けば,臍肉芽腫となって臍が臍窩から飛出してくる。また成人,特に肥満者では臍窩が深いので,垢や汗が蓄積したり,手指で掻くことが原因で,臍炎を起すことがある。局所を清潔にしてアクリノールなどで湿布し,抗生物質を投与すれば短時日でなおる。肉芽腫は切除が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐えん【×臍炎】

へその炎症。新生児臍帯が脱落したあとに細菌が感染して起こることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいえん【臍炎】

新生児の臍帯脱落部に細菌感染が起こり、臍へそおよびその周囲が赤く腫れる状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臍炎の関連キーワード門脈血栓症臍帯炎臍感染へそ周囲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android