臍緒(読み)ほぞのお

精選版 日本国語大辞典「臍緒」の解説

ほぞ‐の‐お ‥を【臍緒】

〘名〙 (古くは「ほそのお」)
胎児胎盤とをつなぐ細長い帯状の器官臍帯(さいたい)へそのお。
書紀(720)神代下(兼方本訓)「時に、竹刀(あをひゑ)を以て其の児(みこ)(ホソノヲ)を截(き)る」
② 新生児の臍の緒を竹刀で切る儀式。また、その役目の人。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「御ほそのをは殿のうへ。御乳(ち)つけはの三位」

へそ‐の‐お ‥を【臍緒】

〘名〙 胎児の臍と胎盤とをつなぐ細長い帯状の器官。臍帯(さいたい・せいたい)
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)唐何第六「白かるもみえて赤かるしたはらに いづれ手染のいとのへそのを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android