臥榻(読み)がとう

精選版 日本国語大辞典「臥榻」の解説

が‐とう グヮタフ【臥榻】

〘名〙 寝台。ねどこ。ベッド。
※艸山集(1674)二一・偶書「只為宿福微、抱病在臥榻」 〔遼史‐王鼎伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臥榻」の解説

が‐とう〔グワタフ〕【××榻】

寝台。ねどこ。
和気香風かきこうふううちに―を据えて」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「臥榻」の解説

【臥榻】がとう(ぐわたふ)

寝台。〔続通鑑長編、宋太祖紀〕天下一家なるも、臥榻の側、に他人の鼾睡(かんすい)を容(ゆる)さんや(我が寝床で他人が眠るを許さない)。

字通「臥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android