コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濊貊 わいばくYemaek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濊貊
わいばく
Yemaek

古代中国東北部から朝鮮半島の北東方面に居住していた民族名。ツングース系ともいわれる。貊という名称先秦の諸文献にみえるが,彼らについて最も古くかつ詳しい記録を残しているのは『三国志魏志東夷伝である。それによれば扶余高句麗沃沮などはいずれも 濊貊系の部族国家であったらしい。また狭義には現在の江原道一帯から咸鏡道南部に住んでいたものも 濊族といわれ,『三国志』魏志東夷伝中に「濊」という部族国家の名称がみえる。なお 濊と貊は 濊貊として2者連記され,2者は同一民族の異称とする説と別個のものとする説が対立している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいはく〔クワイハク〕【××貊】

わいばく(濊貊)

わいばく【××貊】

古代、中国東北部から朝鮮半島北東部にかけて居住したツングース系の民族。この中から扶余高句麗などが国家を形成。かいはく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わいばく【濊貊 Huì mò】

古代中国の東北(旧満州)から朝鮮半島北東部にかけて居住していた民族の名称。〈かいばく〉ともよみ穢貊とも記す。濊貊という呼称には2義あって,一つは先秦の古典などに,しばしば濊とか貊という名称で現れるもので,彼らの習俗などについて最も詳細に記録した文献は《三国志》魏志の東夷伝である。この列伝の中に記されている夫余高句麗沃沮(よくそ)などの諸族を構成した主体は濊貊系とみられている。また,のちに朝鮮南西部に百済国が起こったが,その支配層は彼らの系統とみられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


わいばく

穢貉とも書く。や貊は『詩経』などの古典に中国東北部に住む民族として個々にみえるが、「穢貉」の語は『史記』に初めて現れる。の民族は、『三国志』の『魏志東夷伝』(ぎしとういでん)条にその歴史と習俗が詳しく伝えられている。すでに紀元前2世紀後半には朝鮮半島の東海岸地帯に住み、前108年に漢の武帝が朝鮮に四郡を設置すると、臨屯(りんとん)、玄菟(げんと)の二郡に属し、やがて楽浪(らくろう)郡の支配下に入った。紀元後には漢の支配を離れて、3世紀前後には部族国家を形成した。漁労をおもに行い、海産物を郡県に献上した。彼らは山川を崇拝し、同姓は結婚せず、死者が出れば旧家を捨て新居を建てたという。また、貊を貊種族の総称と解する説もある。前3世紀ごろモンゴル系民族に押されて朝鮮半島北東部に南下し、夫余(ふよ)、高句麗(こうくり)、沃沮(よくそ)を構成したツングース系の諸族を含むのである。『日本書紀』では高句麗を貊(こま)とも表現しており、高句麗が貊族であることを示している。[浜田耕策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

濊貊の関連キーワード濊貊・穢貊臨屯郡辰韓靺鞨

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android