コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濊貊 わいばく Yemaek

6件 の用語解説(濊貊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濊貊
わいばく
Yemaek

古代中国東北部から朝鮮半島の北東方面に居住していた民族名。ツングース系ともいわれる。貊という名称は先秦の諸文献にみえるが,彼らについて最も古くかつ詳しい記録を残しているのは『三国志魏志東夷伝である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいはく〔クワイハク〕【××貊】

わいばく(濊貊)

わいばく【××貊】

古代、中国東北部から朝鮮半島北東部にかけて居住したツングース系の民族。この中から扶余高句麗などが国家を形成。かいはく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わいばく【濊貊 Huì mò】

古代中国の東北(旧満州)から朝鮮半島北東部にかけて居住していた民族の名称。〈かいばく〉ともよみ穢貊とも記す。濊貊という呼称には2義あって,一つは先秦の古典などに,しばしば濊とか貊という名称で現れるもので,彼らの習俗などについて最も詳細に記録した文献は《三国志》魏志の東夷伝である。この列伝の中に記されている夫余高句麗沃沮(よくそ)などの諸族を構成した主体は濊貊系とみられている。また,のちに朝鮮南西部に百済国が起こったが,その支配層は彼らの系統とみられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいはく【濊貊】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


わいばく

穢貉とも書く。や貊は『詩経』などの古典に中国東北部に住む民族として個々にみえるが、「穢貉」の語は『史記』に初めて現れる。の民族は、『三国志』の『魏志東夷伝』(ぎしとういでん)条にその歴史と習俗が詳しく伝えられている。すでに紀元前2世紀後半には朝鮮半島の東海岸地帯に住み、前108年に漢の武帝が朝鮮に四郡を設置すると、臨屯(りんとん)、玄菟(げんと)の二郡に属し、やがて楽浪(らくろう)郡の支配下に入った。紀元後には漢の支配を離れて、3世紀前後には部族国家を形成した。漁労をおもに行い、海産物を郡県に献上した。彼らは山川を崇拝し、同姓は結婚せず、死者が出れば旧家を捨て新居を建てたという。また、貊を貊種族の総称と解する説もある。前3世紀ごろモンゴル系民族に押されて朝鮮半島北東部に南下し、夫余(ふよ)、高句麗(こうくり)、沃沮(よくそ)を構成したツングース系の諸族を含むのである。『日本書紀』では高句麗を貊(こま)とも表現しており、高句麗が貊族であることを示している。[浜田耕策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濊貊の関連キーワード石包丁朝鮮半島沃沮温突松岳満州岩温突(朝鮮)夫余満州建国大学建国大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone