コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮四郡 ちょうせんしぐん

大辞林 第三版の解説

ちょうせんしぐん【朝鮮四郡】

中国、漢の武帝が前108年に衛氏朝鮮を滅ぼし、その地に設置した四つの郡。楽浪・真番・臨屯・玄菟。漢の朝鮮支配の拠点となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮四郡
ちょうせんしぐん

中国、武帝が朝鮮半島に置いたという四つの郡の総称。漢四郡ともいう。『史記』や『漢書』によれば、紀元前108年、漢の武帝はいわゆる古朝鮮の衛(えい)氏朝鮮国最後の国王衛右渠(えいゆうきょ)を討って滅ぼし、ほぼ同国の支配していた地域を漢帝国の直轄支配下に置き、四つの郡を設けた。すなわち楽浪(らくろう)郡、玄菟(げんと)郡、臨屯(りんとん)郡、真番(しんばん)郡である。
 楽浪郡は平壌を中心地として清川江、大同江、漢江流域にわたり、四郡のなかでもっとも重要な郡であったが、中国支配力の弱化によって204年、郡を二分し、南部に帯方(たいほう)郡が設けられた。そして楽浪、帯方二郡は313年、高句麗(こうくり)と韓(かん)族によって滅亡した。玄菟郡はいわゆる沃沮(よくそ)の地(現在の咸鏡(かんきょう)道~慈江道方面)に置かれたらしいが、これまた中国権力の弱化によって縮小と後退を続け、4世紀初めごろまったく高句麗に併合された。臨屯郡は咸鏡南道から江原(こうげん)道一帯、すなわち(わいばく)族の根拠地に置かれたらしいが、上述の理由で早くも武帝の次の昭帝時代、前82年に楽浪郡に統合された。真番郡はその所在をめぐって南北二説があったが、現在では半島南部、全羅道方面に比定されている。真番郡もまた前82年に廃止されている。
 解放後の韓国(大韓民国)や北朝鮮、ことに北朝鮮の学界では、四郡の性格、位置の比定について在来の定説をまったくくつがえすような新知見が提出されている。しかし、それらの問題についての検討は今後の学界の課題というべきである。
 なお、漢四郡設置の前提ともいうべきものとして、武帝が前128年、東夷(とうい)貊らが降伏したので蒼海(そうかい)郡を設けたという記録が史料にみえる。同郡は翌年に廃止されているが、歴史的意味には注目すべきものがある。[村山正雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝鮮四郡の関連キーワード衛氏朝鮮真番郡高句麗拠点楽浪