コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自分史 じぶんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自分史
じぶんし

1975年に歴史家色川大吉が『ある昭和史-自分史の試み』を発表して以来,人間それぞれに特有の個人レベルでの歴史を意味する。近年「自分史」を書く中高齢者が増え続け,原稿執筆のためのガイド本が売り出され,原稿の書き方を教えるカルチャー講座も出現し,「自分史」の出版がブームとなった。これをうけて出版社は自費出版サービスを始め,大手出版社も専門の子会社を設立して「自分史」の自費出版に力を注いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じぶん‐し【自分史】

自分自身の歴史。著名人などの自叙伝立志伝に対し、世間一般の人が自分の半生について振り返り、まとめたものを指すことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぶんし【自分史】

自分の人生をみずから書きつづった記録。自伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自分史の関連キーワードタイムライン(情報通信用語)パーソナルヒストリーエンディングノート酒井 美意子冨士谷あつ子高齢者事業団戸井 昌造伊藤 ルイ三波 春夫岸野 淳子中村 八大坂本 九記録文学鈴木 均久住忠男更科源蔵山口仙二横尾和博大槻 健自伝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自分史の関連情報