自動方向探知機(読み)じどうほうこうたんちき

百科事典マイペディアの解説

自動方向探知機【じどうほうこうたんちき】

automatic direction finderの訳,略してADF。船舶や航空機で,地上無線標識局から発信される電波を受信して,その到来方向を自動的に探知する装置。中波受信機にループ作動アンテナを組み合わせ,その8字特性と全方向性アンテナの特性を重畳させて,電波の到来方向を指示計器(ラジオコンパスという)上に表示する。
→関連項目方向探知機無指向性無線標識

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じどうほうこうたんちき【自動方向探知機 automatic direction finder】

HADFと略称される。地上の無指向性無線標識局(NDB)から発射される無指向性の電波を受信して,自動的にその発信源の方向を探知する装置で,その発信源,すなわち無線局が航空機の機首方向に対して何度の角度の方向に存在するかということが計器のうえに示される。したがって,機首の方向を無線局の方向に一致させるように飛行すれば,たとえ地上が視認できないような天候下でも自動的にその無線局の上空へ到達できるし,さらにそこを通過した後,すなわち無線局が背後に遠ざかりつつある場合も自機との方位関係を知ることもできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android