コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動輸入割当て制度 じどうゆにゅうわりあてせいどautomatic import quota system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動輸入割当て制度
じどうゆにゅうわりあてせいど
automatic import quota system

AIQ制と略称される。 1964年IMF8条国へ移行と同時に実施された輸入割当て制度。手続的には輸入割当て制度と同様,これの適用を受ける貨物を輸入しようとする者は銀行の輸入承認の前に通産大臣の輸入割当てを受けることを要する。輸入割当ては原則として自動的に申請どおり行われるが,手続が複雑でかつ実質的な輸入制限になりやすいため 72年2月1日以降全廃された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自動輸入割当て制度の関連キーワード自動承認制度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android