自動輸入割当て制度(読み)じどうゆにゅうわりあてせいど(英語表記)automatic import quota system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動輸入割当て制度
じどうゆにゅうわりあてせいど
automatic import quota system

AIQ制と略称される。 1964年IMF8条国へ移行と同時に実施された輸入割当て制度。手続的には輸入割当て制度と同様,これの適用を受ける貨物を輸入しようとする者は銀行の輸入承認の前に通産大臣の輸入割当てを受けることを要する。輸入割当ては原則として自動的に申請どおり行われるが,手続が複雑でかつ実質的な輸入制限になりやすいため 72年2月1日以降全廃された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android