コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然神 しぜんしんnature gods

3件 の用語解説(自然神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然神
しぜんしん
nature gods

太陽や月などの天体や,暴風雨,風,雨,雷などの自然現象をそのまま擬人化した神。 19世紀後半に活躍した比較神話学者たちは,すべての神が起源においては,太陽神と暴風雨神に代表される自然神であると考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんしん【自然神】

自然界の動きの背後に超越的な人格存在を感じ取り、それらを天の神・地の神・水の神・嵐の神といった形で神格化したもの。 → 自然崇拝すうはい

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の自然神の言及

【神】より

…哲学者はそれを万物の存在根拠であり絶対者であると考え,神学者は超越的な救済神であるとみなした。また神話学者はそれを自然神とか擬人神といった枠組で分類し,宗教人類学者は死霊や精霊や祖霊,あるいはマナのような呪力と神々との相互連関の問題をとりあげた。そのほか一神教と多神教の両極をたてて,その中間領域にさまざまな神観念の変化型を指摘する宗教学者もいれば,神観念の発達にも進化と退化があったとする社会学者もいた。…

※「自然神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然神の関連情報